一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
がん緩和ケアに関するマニュアル
がん緩和ケアに関する
マニュアル

がん末期医療に関するケアのマニュアル

改訂第3版

発行
平成22年9月30日
監修
厚生労働省・日本医師会
編集
がん緩和ケアに関するマニュアル改訂委員会
委員長:武田文和
発行者
  公益財団法人 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
理事長:柏木哲夫
注意)がん緩和ケアに関するマニュアル掲載の写真、記事、デザイン等の無断転載、複製、転用を固く禁止いたします。

■もくじ■


備 考
1.このマニュアルではオピオイド鎮痛薬と麻薬を次のように使い分けた。
 オピオイド鎮痛薬:薬理学的用語。オピオイド受容体に結合して薬理作用をあらわす薬の総称。麻薬に指定されているオピオイド鎮痛薬と麻薬に指定されていないオピオイド鎮痛薬とがある。
  麻薬:法律上の用語。依存性を持つために法律で麻薬に指定されている薬の総称。

2.症状のマネジメントに関して示した薬の中には、わが国で承認を取得した「効能、効果」の適応外となり、保険請求ができないものが含まれる。このような記載は、使用を推奨するとの趣旨ではなく、あくまでも保険適用薬使用により十分な効果が得られない場合に備えた補充的な記載であることに留意されたい。